漢方に詳しく治療の主体としている病院を探せます

ジョゼフィーヌが愛した花ダリア


ダリアの花言葉は「移り気」「威厳」「優雅」「華麗」です。

ダリアはメキシコの国花で、現地人のアステカ族には根の部分を薬草(強壮剤)として使われていました。

夏から秋にかけて咲くキク科・ダリア属のサツマイモに似た球根の多年にわたって生育する植物で1000メートル以上の冷涼地帯に自生する花です。

18世紀にダリアはスペインに渡って栽培されヨーロッパの国々に広がって多くの品種が生まれ「メキシカン・アスター」と呼ばれました。

発見された時には6種だった原種が、約400年の間に3万種にまで増えて花の型や花の色の違う種類のダリアが誕生しました。

日本には江戸末期にオランダ人によってもたらされ、明治に栽培が盛んにおこなわれて大流行しました。

名前はスウェーデンの植物学者「アンデシュ・ダール」の名前から命名され和名を天竺牡丹(テンジクボタン)といいます。

フランス皇帝ナポレオン一世の妃、ジョゼフィーヌはダリアの花を好み珍しい品種の収集に情熱を傾け、愛するあまりに自分の花だと布告し国外への持ち出しを禁止しました。

あるポーランドの貴族が庭師を買収して球根を手に入れ、華麗に花を咲かせたことを知ったジョゼフィーヌは怒り栽培を止めてしまいます。

この話からダリアの花言葉の「移り気」は生まれました。

ダリアは、ジョゼフィーヌが愛した花ということから、ヨーロッパ社会では華麗なる大人の女性に例えられて、19世紀の前半には「花の女王」と褒めたたえられました。

カレンダー

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る